スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウトアングラー必見!トラウトコーナースタッフイチオシ!!7月のオススメルアー

渋谷店トラウトコーナースタッフイチオシの、
7月に活躍するオススメルアーをネイティブ系・エリア系、共にご紹介!




ネイティブルアー

フォレスト
MIU4,2g

s_IMG_5769.jpg

7月以降の川では、雨後などの増水気味のタイミングがチャンスです
そんな時は強い流れでもしっかりと泳いでくれる肉厚なスプーンがおすすめ!
MIU4,2gは超肉厚なので、そんな時にピッタリ!
さらに、飛距離がかなり出ますので、
川幅の広がった増水時に流芯の向こうの深場をピンスポットで直撃できます
沈下が速いというのも大きな武器で、増水のタイミングのみならず、
ボトム付近についている大物を誘い出すのに活躍してくれます
シルエットが小さいあたりもスレた個体に効果大です
あわびカラーや、
虫を意識するこれからの時期に強い、写真のNo,12などの
魅力的なカラーがあるのもイイですね!

特にこれからの時期は、解禁から釣り人の手をかいくぐった賢い魚が多くなるので
【よく泳ぐ・小さい・深場に強い・カラーリングがいい】
そんなMIU4,2gのようなルアーが強くなってきますヨ!!






エリアルアー

タックルハウス
elfinシリーズ
右)シケイダー
左)ミニシケイダー

s_IMG_5768.jpg

これからの時期、エリアでは表層付近がアツくなってきます!
そんな時は名作、シケイダーの出番です!
Fタイプを使って、ほっとけメソッドや、スローリトリーブ、ロッドアクションで
波紋を演出して魚を表層に誘い出しましょう
水面に出てくれない時はロッドを寝かしてのリトリーブで、水面直下で食わせましょう
たった5cmの差で大きく反応が変わりますよ!
広いエリアではアピール力と飛距離を出すためにノーマルサイズを
規模の小さなエリアや、手前に魚が寄っているときは
食べごろサイズのミニシケイダーの方を使いましょう!
更に食い渋った時はシンキングタイプがあるので、更にレンジを下げれるのがこのルアーの強みです

表層付近への反応はとってもエキサイティング!
それだけではなく、これからの時期は表層付近がストロングパターンになってきますよ!
表層付近を様々な使い方で攻略できる
elfinシケイダーのようなルアーは必ずボックスに入れていきましょう



梅雨から梅雨明けの7月の時期は雨絡みのタイミングで爆釣することが多いので、
雨に負けずどんどんフィールドへ行きましょう!
数のみならず、大物のチャンスも・・・

s_IMG_4019.jpg


ご紹介した以外にもオススメのルアーがたくさんございますので、
ぜひぜひ店頭でスタッフに使い方や特徴を聞きに来てくださいね♪

s_IMG_5771.jpg


ご来店お待ちしておりますm(_ _)m


<<PREV |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。